【2021年冬】おすすめ人気マッチングアプリランキング

【ペアーズを攻略したい人向け】出会うまでの流れと口説き方とは?

【結論】口コミで分かった編集部おすすめマッチングアプリ

結論!当サイトが口コミをリサーチした結果、みんなから支持を得ているマッチングアプリは次の3つだと判明しました!

どれのマッチングアプリに登録しようか悩んでいる方は、複数登録することをおすすめします!

複数のマッチングアプリを掛け持ち登録をして多くの女性とマッチする可能性を上げて素敵なパートナーを見つけましょう!

1位:ペアーズ

  • マッチングアプリ会員数No.1!
  • ユーザーが多いので出会いに直結恋人ができた人は60万人!*
  • 恋愛から婚活まで利用目的の幅が広い複雑な機能はなく、シンプルで使いやすい

ペアーズは日本最大のマッチングアプリ会員数となっています。当然のことながら会員数が多い方がマッチングしやすいことになり、全ての面でも有利となります。

\マッチングアプリ会員数No.1

※今登録しないと未来のパートナーを逃して損してしまうかも...

2位:Omiai

  • 結婚を見据えた真面目な恋愛目的の人が多い(累計マッチング数9,000万組突破*2022年8月時点)
  • 婚活アプリとしてはトップクラスの会員数
  • 人気度によって消費いいね数が増減るすため、マッチングしやすい

Omiaiは、真剣度の特に高いマッチングアプリです。真面目な恋愛をしたい人や、結婚を考えた交際を理想としている人におすすめです。

結婚に真剣なユーザーが多い!

※今登録しないと未来のパートナーを逃して損してしまうかも...

3位:タップル

  • 累計会員数1,500万人!カジュアルに出会って、真剣な恋愛ができるので20代から絶大な人気
  • スワイプ方式でサクサクいいねができ、いいね回数も多い
  • サイバーエージェント100%子会社の運営だから安心

まずは会って話したい人や、今後マッチングアプリで女性とのデート経験を積み、女性への苦手意識を克服したい人には特におすすめのアプリ!

いいねが多いから出会いに繋がる! /

※今登録しないと未来のパートナーを逃して損してしまうかも...

よく読まれる記事

恋人を作る為にもペアーズを攻略したいと思っている人間は少なくないと思います。

ただ、肝心の攻略方法が分からない方もいるでしょう。そのペアーズの攻略方法を写真・狙い目の異性を探すという点に重点を置いて説明します。

目次

ペアーズを攻略するポイント

ポイント1:写真

ペアーズを攻略するという観点で考えると、是非写真は掲載する事をおすすめします。ご自身もペアーズで異性を探している時には、相手が写真が掲載している方がアプローチしやすいと思います。

もし、ペアーズを攻略したい方で写真を掲載していない場合は、これから写真を掲載する事を検討すると良いでしょう。また、ペアーズに掲載する写真はあまり美化し過ぎない範囲で魅力な人間である事をアピールする物にする事も大事です。美化し過ぎない範囲でというのは、ネット上だけの遣り取りだけではなく実際に会って交流するというステップに進む事が考えられるからです。

写真では非常に見た目麗しい人だったのに実際に会ってみると平凡な見た目の人と言うパターンよりも、写真で平凡だけど感じの良さそうな人だと感じて、実際に会ってその通りの人だったと言うパターンの方が進展がスムーズに運ぶ場合も考えられるのです。

ポイント2:狙い目の異性を探す

ペアーズを利用する時には、いいねを非常に沢送られているような異性に目が行きがちかも知れません。非常に沢山のいいねを送られているような異性には、魅力的な方が少なくないですよね。

ただ、そのような異性には恋人になりたい人間が他にも複数いて、その人達と競争する事になるのを覚悟した方が良いでしょう。人気の高い人達にアプローチし続けているが上手く行かない事態も考えられます。そこで、非常に沢山のいいねが送られている異性だけではなく、それ以外の異性にも目を向けてみましょう。

それ程沢山のいいねを送られていない異性でも、恋人にしたいと思うような方が見つかるかも知れません。

まとめ

ペアーズの攻略をしたいと思うなら、是非これらの攻略方法をお試し下さい。ただ、忘れて欲しくないのはペアーズを利用する本来の目的です。ペアーズを利用する目的は、ご自身の恋人などを見付ける為だと思います。

ペアーズで異性とマッチングしても、恋人にはなれなかったというパターンも存在しているのです。ペアーズで沢山の異性とマッチングしていても、中々恋人に慣れないなら改善した方が良いポイントがある事も考えられるのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次