ONE PIECE(ワンピース)1006話のネタバレ最新速報!確定情報と感想、展開予想を大公開

週刊少年ジャンプ2021年14号(3月22日号)に掲載の「ONE PIECE」第1006話の展開予想とネタバレをまとめました。

サンジを捕獲したブラックマリアに対峙する、ニコ・ロビンとブルック。
ロビンを「カイドウにとって必要な女」として、ブラックマリアも本気で向かい合うことに。

一方、居場所がバレてしまった光月モモの助・ヤマト・しのぶもまた、成り行き上ではありますが、派手に攻勢に出ることに。

そして、赤鞘九人男の元には大看板のジャックが向かいます…。

そんな続きが気になり過ぎる「ONE PIECE」第1006話「侠客”花のヒョウ五郎”」の展開予想とネタバレを見ていきましょう。
※以下、第1005話/第1006話のネタバレも含んでおりますのでご注意ください。

もし、漫画のネタバレではなく
実際の絵でONE PIECEの最新刊を読みたいなら、
「U-NEXT」で無料で読むことができます!

\ONE PIECE最新刊が無料で読める!/
U-NEXTの公式サイトはこちら!
>>600円分の漫画が無料<<



「ONE PIECE」第1005話 おさらい

サンジを捕獲したブラックマリアは、彼を使ってニコ・ロビンをおびき寄せ、生捕にすることを企みます。
しかし、一向に応じないサンジに業を煮やしたブラックマリアは、赤鞘九人男の抹殺にすぐに向かいたいためか、彼をタコ殴りにします。

ついに観念したのか、サンジは大声でロビンに助けを求めてしまいます。
この行動には、ロビンたち麦わらの一味に「ブラックマリアの元に来ると罠がある」と周知する目的があり、彼らもその意図にしっかりと気づきました。

すぐさま駆けつけるロビンとブルックは、素早い攻撃でサンジをクモの糸から救い出します。
錦えもんの救出に向かうサンジに対して、ロビンは素直に助けを求めてくれたことに感謝します。

一方、光月モモの助たちも「メアリーズ」を使った連絡網に気づくも、先に倉庫を敵に囲まれてしまいます。
「人目につかないように」ヤマトとしのぶは、敵を殲滅しながら強行突破に打って出るのでした。

その頃、イヌアラシ公爵とネコマムシの旦那との戦闘の傷から回復したジャックは、ブラックマリアに対して赤鞘九人男の強さについて警告し、彼らの討伐は自らが動くと伝えます。
ロビンとブルックを前に本気を出し始めたブラックマリアは、その忠告に「ちょうどよかった…」と話し、二人との戦闘を始めるのでした。

ONE PIECE(ワンピース) ネタバレ 1005話



「ONE PIECE」第1006話 展開予想

今回は、個人的にはホールケーキアイランド編を経て、本当の意味で仲間に助けを求めることができるようになったサンジの姿に感動しました!

しかも、その姿勢に対して真っ直ぐに感謝を表明するロビン…。
可愛すぎませんかね、笑顔…!!

次回以降は、ブラックマリアとロビン・ブルックの戦いが展開されるんでしょうか。
そろそろ、カイドウの人獣型も見たいものです!



「ONE PIECE」第1006話ネタバレ

それぞれの戦いとそれぞれの勝利

“開かずの倉庫”からの脱出を図るヤマト・光月モモの助・しのぶ。
しかし、カイドウの見張りに逃亡が発覚してしまい、しのぶの思惑とは裏腹にとてつもなく目立つ形での逃亡劇となってしまう。

一方、城内3階のサンジはカイドウの見張り達による通信から、モモの助たちが狙われていることに気が付く。
急いで彼らを助けに行こうとするが、錦えもんたちの囚われている天守裏とは真逆の方向だと判明し、どちらに助太刀に行くべきか迷ってしまう。
逡巡した末に、サンジはある方向へと駆け出したのであった。

鬼ヶ島の入り口では、シャーロット家の長男であるシャーロット・ペロスペローがキャロット・ワンダを圧倒していた。
月が隠れてしまったことで、キャロットも「月の獅子」に返信することができず、ペロスペローには全く歯が立たない。
ペドロの仇を打ちに来た自分たちを侮辱するペロスペローを睨みつけるキャロットだが、抵抗虚しく地面に叩きつけられてしまう。

ワンダとキャロットを倒したペロスペローは、ルフィたちに”四皇”の「格」を教えるべく、カイドウとビッグ・マムのいる戦場へと向かうのであった。

「花のヒョウ五郎」と「赤旗」

ドーム内「ライブフロア」では、徐々に侍たちが「氷鬼」に侵されていく。
トニー・トニー・チョッパーが抗体を作ってはいるものの、一刻を争う状況に。

しかし、それは敵側のスクラッチメン・アプー率いるオンエア海賊団も同様。
ウイルスの抗体を奪うべく戦うも、前に立ち塞がるドレーク海賊団のX・ドレークとヒョウ五郎を突破できず、チョッパーに攻撃を仕掛けることができずにいる。

かつての強さを取り戻したヒョウ五郎に驚く面々であったが、それはあくまでウイルスによって無理やり”命の限界”まで力を引き出されただけに過ぎない。
寿命と引き換えに主力を斬り倒すことを誓ったヒョウ五郎は、部下の親分衆にチョッパーの抗体が間に合わなかった時には「氷鬼」として暴れる前に自分を斬り殺すように命じる。

襲いかかる敵に対して、ヒョウ五郎は全盛期のごとき力で斬り伏せながら、光月おでんに心の中から呼びかける。
錦えもんたちは見事にカイドウへの討ち入りを果たし、自分には面白い弟子ができた、と。
そして、必ず「ワノ国」には夜明けがやってくる、と。

マルコの「油断」とヒョウ五郎の「最期」

ヒョウ五郎の強さに焦りを見せたクイーンはビームを発射しようとするも、マルコの”鳳凰印”で止められてしまう。

侍に手を出すなら、まずは自分を倒してからだと息巻くマルコに、クイーンとキングの二人がかりで攻撃を仕掛ける。
しかし、ひらりと躱したマルコは能力を駆使して2人を一蹴する。

ただ、マルコ自身も懸賞金10億超えを2人も引きつけるのは難しいと感じており、チョッパーの抗体完成を急ぐようにつぶやく。
そんな満身創痍のマルコを、遠くから見つけたのが他ならなぬペロスペローだったのである。

時が経ち、徐々に侍たちが「氷鬼」へと戻っていく地獄絵図へ。
ヒョウ五郎もまた「氷鬼」へと変貌しつつあった。

そんなヒョウ五郎を約束通り、親分衆たちは首をはねる準備へと入る。
一片も悔いなき人生を終えたヒョウ五郎は次代の人間たちに全てを託すのであった。

ONE PIECE(ワンピース) ネタバレ 1007話

Instagramでもネタバレが気軽にチェックできます!

マンガ列島では、Instagramでもジャンプ作品を中心に最新ネタバレに関する投稿やおすすめ漫画についての投稿などを行っています!

ジャンプ作品のネタバレは発売日の18時頃までには投稿されますので、ぜひフォローしてチェックしてくださいね!

ONE PIECE最新刊を無料で読む!

ここまで、ONE PIECE第1007話のネタバレを
紹介してきましたが、
やっぱり実際に絵がある単行本で読んだ方が
100倍面白いですよね…。

なんと、動画配信サイト「U-NEXT」なら
31日間の無料トライアルに登録するだけ

600円分の単行本が無料で読めるんです!

「ONE PIECE」の最新刊を無料で読みたい方は、
この機会に是非チェックしてみてください!

\ONE PIECE最新刊が無料で読める!/
U-NEXTの公式サイトはこちら!
>>600円分の漫画が無料<<

無料トライアル期間中の解約にかかる費用は0円!