【ネタバレ】WITCH WATCH(ウィッチウォッチ)2話の最新速報!確定情報と感想を大公開

週刊少年ジャンプ2021年11号(3月1日号)に掲載の「WITCH WATCH」2話の展開予想をまとめました。

魔女の力をもつ家系に生まれたニコと鬼の一族である守仁。
とある予言に巻き込まれたニコを守るべく、「使い魔」として奮闘する守仁ですが、ニコの魔法がもたらすドタバタに巻き込まれ…?

そんな続きが気になり過ぎる「WITCH WATCH」♢2の展開予想を見ていきましょう。
※以下、♢1/♢2のネタバレも含んでおりますのでご注意ください。



「WITCH WATCH」♢1 おさらい

とある住宅街で、乙木守仁は桃田と名乗る少年を始めとする柄の悪い集団に絡まれてしまいます。
並外れた身体能力で攻撃を躱し続ける守仁ですが、最後はなぜか自ら殴らせてしまいます。

実は、守仁は鬼の力を受け継ぐ一族であり、本気を出すと大怪我を負わせてしまいかねないことから、自分から手を出すことはしないと決めていたのです。
力を使うことに躊躇いを感じる守仁に諭すように話しかける父親は、不意にかつての幼なじみ「ニコ」の話を持ち出します。

魔女としての修行を終えたニコと、守仁が使い魔として一緒に生活するように依頼され、渋々ながらもこれを了承します。

父親との話が終わった後、成長したニコに思いを馳せる守仁でしたが、そこに突然窓ガラスを打ち破ってニコが飛び込んできます。
最初は驚いた守仁でしたが、魔女として成長を遂げているニコに感心し、優しい言葉をかけます。

それに気を良くしたニコは、自身に「ペラペラにする魔法」をかけてしまいます。
すると、突然吹いた風によって街中へと飛んでいってしまうことに。

慌てて追いかける守仁ですが、なんとニコは塀と塀の間に挟まってしまいます。
しかも、魔法は解ける直前となってしまい、このままではニコは塀に押し潰されてしまいます。

そんな中、偶然通りかかる桃田。
実は、その塀は桃田の家の塀だったようで、必死に助けを求める守仁。

嘲笑う桃田を前に、守仁は過去の出来事やニコとの約束を思い出します。
「そうだ、なおせばいい」とニコの魔法と自分の力を信じることに決めた守仁は、鬼の力で塀をぶっ壊してしまいます。

無事に助け出されたニコは、桃田の大切なヘアースタイルと引き換えにしっかりと塀を修復。
自身だけでなく、守仁もまたしっかりと修行をしていたことに改めて恋心を募らせるニコ。

しかし、守仁には隠された使命がありました。
それは、1年以内に降りかかる災いからニコを守り抜く、というもの。

いきなり前途多難なトラブルに巻き込まれたことに疲れつつも、それも含めて護衛してみせると決意を新たにするのでした。

「WITCH WATCH」第1話の詳細なネタバレはこちら



「WITCH WATCH」♢2 展開予想

篠原健太先生の最新作として、連載が始まった「WITCH WATCH」。
「SKET DANCE」や「彼方のアストラ」など、人気作を数多く生み出してきた先生なだけあって、1話から非常に面白い作品となっています。

SKET DANCE」のような完全なギャグ作品ではないものの、所々に篠原先生らしさを感じさせる面白ポイントがあり、テンポよく読んでいけましたね。

恐らく、今後いろんなキャラクターが出てくるとは思いますが、彼らと守仁やニコの関わりも非常に楽しみですね!



「WITCH WATCH」♢2 ネタバレ

2021年2月15日(月)の更新をお待ちください…。