【ネタバレ】絡みつく視線(ねぐりえ)の1話あらすじ!無料情報と感想を大公開

エロい身体で惑わせてくる人妻たちに徹底的な罰を…!

身勝手な理由で強姦を繰り返す凶悪レイプ魔の欲望をリアルに描写します。

そんな抜きどころたっぷり、ねぐりえ先生の「絡みつく視線」第1話ネタバレを見ていきましょう。
※以下、「絡みつく視線」の第1話のネタバレ要素を多分に含みます。

\50%OFFクーポンを使って読む
Book Live公式サイトはこちら!
>>無料漫画も16,000冊以上<<

【ネタバレ前にチェック!】Book Liveで半額で読む裏技!

ネタバレを読む前に、「絡みつく視線」をお得に読めるBook Liveの裏技をお教えします!!

Book Liveは電子書籍サイトの中でも、漫画の取り扱い数は業界No.1です。
「Book Liveになければ電子書籍版はない!」とまで言われるほど、品揃えには自信があるようです。

出典:漫画・無料試し読みなら、電子書籍ストア ブックライブ

Book Liveは読み放題サービスではありませんので「完全無料」で読むことはできませんが、初回登録時に「50%OFFクーポン」が貰えますので、お得に「絡みつく視線」が読めます!

・絡みつく視線【単話】1
通常価格330円→165円

たったの165円で「絡みつく視線」が読めるのは嬉しいですよね!

初回特典の50%OFFクーポンは1冊しか使えませんが、Book Liveでは無料で多くの漫画を読むことができます。
その数なんと、16,000冊以上!

出典:漫画・無料試し読みなら、電子書籍ストア ブックライブ

読み放題サービスのように月額制ではないので、「絡みつく視線」をお得に買った後には、無料漫画だけ読む、なんて使い方も可能です!

\50%OFFクーポンを使って読む
Book Live公式サイトはこちら!
>>無料漫画も16,000冊以上<<

「絡みつく視線」第1話ネタバレ

とある公園で、ブツブツと呟く怪しい男。

その横から、公園で遊んでいる息子にご飯の時間だと伝えにくる主婦の智子。
彼女のムチッとした下半身に、男は血が騒ぎます。

「あのおじさん、ずっとママの事見てるよ」
気味の悪い男だと思いながら、息子の友人も帰宅させて自宅に戻る智子。

翌朝、息子と夫の出勤を見送った、その直後。
刑事を名乗る男が現れて、近辺で物騒な事件が起こっているので聞き込みをしていると伝えます。

智子は昨日、公園で気味の悪い男がいた事を思い出します。

「…中で詳しく聞かせて頂けますか?」

戸惑いながらも、承諾して玄関まで入れると同時に、突き飛ばされる智子。
驚きつつ振り向くと、刑事と名乗った男は下半身を丸出しにした状態で仁王立ちしていました。

「じっくり話を聞かせてもらうんだよ…奥さんの身体になっ!」

男は智子に襲いかかってきます。
彼にとって、女の身体を味わうのは13年ぶりでした。

そして、男の背景が明かされていきます。
男は過去に6件の人妻○○プを犯しており、ムショに13年服役していたのです。

そして、シャバに出て3日目で智子に襲いかかっていました。

男にとって自分が興味を持った人妻をターゲットにして夫以外の股間で無理やりヨガらせることが快感だったのです。
無理やり襲われているのに、次第に濡れていく智子。

男の方も久しぶりで我慢出来ずに、智子の中で暴発。
満たされていく独占欲や支配感。

男にとって智子は大当たりでした。
続いて、すぐに2回戦を開始していく男。

「奥さんの唾うめぇ~」

そんな時、玄関の鍵がガチャガチャと鳴り響きます。
誰かが帰ってきたのです。

智子は夫が帰ってきたのだと期待を膨らませますが、帰ってきたのは息子でした。
忘れ物を取りに帰ってきていたのです。

取り敢えず、リビングに移動する智子と男。
そのまま、男は興奮が冷める事はなく智子の身体を弄んでいきます。

声を出してしまうと息子のこの状況を見られてしまう、と感じる声を押し殺す智子。
しかし、男の激しい責めに快楽が絶頂に達していく智子は、声もダダ漏れになっていきます。

「マ、ママいるの…?」

リビングに繋がる扉を開ける息子。
そこには、見知らぬ男にヨガらされている母親の姿。

知識のない息子は、現在の状況の説明を母親に求めます。
すると、男は智子の息子にこう伝えます。

『知りたいかい?外のお友達も連れておいで。みんなで勉強しようか?』

\50%OFFクーポンを使って読む
Book Live公式サイトはこちら!
>>第2話以降も読める<<

「絡みつく視線」第1話感想

「絡みつく視線」は人気作家ねぐりえ先生の作品となっており、非常にハードコアな大人向けアダルト漫画となっています。

過激な陵辱系の大人漫画や人妻ものが好きな人にはかなりおすすめの作品になっています。
ネタバレでは割愛しましたが、作品内ではもっと過激で卑猥な表現もあるのでお楽しみに…!

人妻ものが好きな方には、抜きどころがてんこ盛りの作品となっていますので、ぜひ作画付きで作品を読むことをおすすめします!

\50%OFFクーポンを使って読む
Book Live公式サイトはこちら!
>>第2話以降も読める<<