【無料】「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」(0巻)のあらすじ大公開!おすすめの読み放題サービスも紹介

「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」とは、自身の死刑を望む高校生の乙骨憂太を主人公とした「呪術廻戦」へと繋がる前日譚となっています。

乙骨は己に取り憑いてしまった怨霊の里香に苦しんでいました。
そんな中、その「呪い」を祓うべく、呪いについて学べる学校「都立呪術高専」の教師を勤める五条悟が乙骨に高専への転入を勧めますが…。

史上最悪の呪詛師「夏油傑」は如何にして百鬼夜行を起こしたのかも分かる、呪術廻戦ファンなら必見の1冊となっています。
今回は、そんな「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」のあらすじを文章で紹介していきます!

もし、「漫画で読みたいけど、どこにも売ってない…」とお困りの方は、U-NEXTがおすすめです!
31日間無料サービスを実施していますので、「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」を始めとする漫画が読み放題となっています!

U-NEXTで呪術廻戦 0巻を無料で読む

呪術廻戦0巻ネタバレ①:呪いの子

男子高校生・乙骨憂太はコントロールできない特級過呪怨霊・祈本里香に取り憑かれた「特級被呪者」であり、同級生4人に重傷を負わせてしまうほど危険な存在となっていた。
そんな死刑寸前の乙骨を、都立呪術高専の1年生クラスを受け持つ五条悟は自身のクラスで預かることを進言する。

五条の受け持つクラスには、禪院真希・狗巻棘・パンダと3人の個性豊かな面々が。
乙骨のあまりの呪いの大きさに戸惑う3人に、五条は乙骨と里香の関係性について語る。

乙骨と里香は幼なじみで、幼いながらに結婚を誓い合うほどに仲が良かった。
しかし、不運な交通事故で里香は死んでしまい、乙骨とずっと一緒にいたいという怨念から怨霊となったのだ、と。

午後から始まった呪術実習で、乙骨は禪院とペアを組む。
小学校を舞台とした実習で、禪院は乙骨を尻目に難なく呪いを祓っていく。
あまりにも戦力にならない乙骨に痺れを切らした禪院は、乙骨の学生証で呪詛師としての「級」を確認する。
一番下の四級程度だと考えていた禪院だったが、その「級」はなんと一番上の「特級」。

その事実に驚く禪院だが、それにより呪霊による襲撃の反応が遅れてしまい、飲み込まれてしまう。
飲み込まれた中で救助対象となっていた子供にも遭遇するも、禪院が負傷したことにより五条の救援を待つしかない状況に。
迷う乙骨に「お前は何のために呪術高専に来た!」と禪院は発破をかける。
それに対し、乙骨は「生きてていいって自信が欲しいんだ」と語り、自分の意志で里香を呼び出して呪霊を撃破する。

禪院や子供の治療を病院で待っている際に、乙骨は「里香を縛り付けていたのは自分だった」と語る。
それに対し五条は「愛ほど歪んだ呪いはないよ」と持論を述べる。

そして、乙骨は決意するのである。
「呪術高専で里香の呪いを解く」と。

呪術廻戦0巻ネタバレ②:黒く黒く

里香の呪いを解く手段として「刀にこめて支配する」方法を実践すべく、禪院に刃物の扱いのレクチャーを受ける乙骨。
何度やられても立ち上がる乙骨を見てパンダが声をかけるなど、乙骨は次第にクラスメイトと打ち解けるも「おにぎりの具でしか喋れない」狗巻とは少し距離を感じていた。

そんな中、乙骨は狗巻の実戦に同行するように命じられる。
低級の呪いを祓うことには成功するも、何故か”帳”が上がらず現場から離脱することができない。
そこに、明らかに上級の呪いが出現し、二人は追い詰められてしまう。
一人で倒そうとする狗巻に対し、狗巻の優しさに報いるべく乙骨は共闘を申し出る。

乙骨の助けもあり、狗巻の一撃で見事に上級の呪いを祓うことに成功する。
狗巻の優しさにも気付け、ますますクラスメイトとの親交を深めるもその姿を見守る謎の影が。

それは4人しかいない特級呪術師のひとりにして、最悪の呪詛師「夏油傑」であった。

呪術廻戦0巻ネタバレ③:弱者に罰を

最悪の呪詛師として名高い夏油は宗教団体を装って呪いを集め、呪術師だけの楽園を作るべく暗躍していた。

そんな状況をいち早く喜憂していた五条は呪術高専の学長である夜蛾正道に相談を持ちかける。
すると、それを見ていたかのように呪術高専に夏油が現れる。

仲間を引き連れてやってきた夏油は、高い呪力を持つ乙骨を自身の計画に勧誘を始める。
「非術師を皆殺しにして呪術師だけの世界を作る」
そんなイかれた思想を語る夏油たちの前に五条と夜蛾が現れる。

すると、夏油は彼らに対して「百鬼夜行」を行うと宣戦布告をする。
冗談のように颯爽と去ってしまった夏油ではあるものの、夜蛾たち呪術高専は夏油を最大限に警戒し、総力戦を仕掛けることを決定する。

しかし、夏油の本来の目的は「百鬼夜行」ではなく、それを陽動とした「乙骨からの戦力分断」であった。
作戦通り、五条や狗巻、パンダらを高専から分断することに成功し、単独で乗り込んでくる夏油。

その策略にいち早く気づいた五条は、すぐにパンダと狗巻を高専へと送り返す。
ただ、夏油の圧倒的な力の前に禪院も含めた3人は立ち上がれないほどの重傷を負ってしまう。

自分に唯一優しくしてくれた、認めてくれた存在を傷つけられた乙骨は夏油への殺意に震え、小学校での実習以来2度目の「折本里香」完全顕現をもって夏油へと挑む。

呪術廻戦0巻ネタバレ④:眩しい闇

完全顕現した里香を操ることに成功した乙骨は、ひとまず3人を安全な場所へと避難させる。

夏油を完全に敵と見定めた乙骨と里香は底無しの呪力をもって、夏油に応戦する。
ますます乙骨を魅力的に感じた夏油は、改めて乙骨に自身の理想を語り始める。

そんな理想を一蹴した乙骨は、さらに里香とのシンクロ率を上げていき、尋常ならざるスピードで夏油との戦いを優位に進めていく。
しかし、あまりにも一度に呪力を刀に込めすぎたため、耐えきれずに刀が砕け散ってしまうことに。

勝利を確信し、講釈を垂れる夏油であったが、乙骨はすぐさま自身の拳で夏油の顔面をぶん殴る。
夏油の理想など知らぬ、呪術師のことなどもっと知らぬ、ただ、自分が自分を生きてていいと思えるためだけに夏油を殺す。

そう語る乙骨を認めた夏油は、16体しかいない「特級」の名を冠する呪い「化身玉藻前」を召喚し、自身が所持している呪いを一つに凝縮した呪霊操術「うずまき」も発動させる。
絶体絶命の局面の最中、乙骨は里香に面と向かって愛を囁くことで「自らを生贄とした」呪力の制限解除に踏み切る。

「純愛」と「大義」がぶつかり合い、夏油は敗北を喫する。
敗走する最中、かつての親友であった五条と邂逅する。
最後の最後に、親友・五条悟の手で夏油傑は葬られてしまう。
五条が最後にかけた言葉に悪態を吐きながら。

乙骨が目を覚ますと、里香は元の姿に戻っていた。
そう、以前乙骨が言った通り、呪いをかけていたのは乙骨の方であり、その契約を破棄したことで里香は成仏することができる状態になったのである。
最後に乙骨に感謝の言葉を述べ、里香は天国へと成仏していった。

呪いに恐れられ、自身を「忌むべき存在」だとしていた乙骨憂太。
しかし、呪術高専での経験を経て、信頼できる師と仲間を得て、彼の中の闇は黒く、明るく輝くものへとなったのである。

呪術廻戦0巻を無料で読む方法

ここまで、「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」のネタバレを文章でお届けしてきました。

しかし、やはり漫画を楽しむなら作画は欠かせないですよね…。
ただ、「呪術廻戦」の大人気を受け、どこもかしこも「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」は売り切れてしまっています。

ですが、U-NEXTを使えば売り切れを気にすることなく、無料で「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」を読むことができます!
しかも、契約してから31日間であれば無料で他の漫画なども読み放題ですのでとってもおすすめです!

U-NEXTで呪術廻戦 0巻を無料で読む