僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)299話のネタバレ最新速報!確定情報と感想を大公開

週刊少年ジャンプ2021年9号(2月15日号)に掲載の「僕のヒーローアカデミア」299話の展開予想をまとめました。

敵(ヴィラン)の超常解放戦線との戦いをひとまず終えたヒーローたち。
しかし、エンデヴァーを始め、多くのヒーローが心身ともに傷つき、倒れてしまう状況に。

雄英高校1-Aの面々も、轟や爆豪を中心に病院に担ぎ込まれる形となるも、徐々に目を覚ましていく。
そんな中、一人目を覚まさない緑谷の生死は…。

そんな続きが気になり過ぎる「僕のヒーローアカデミア」No.299「邦画の辛いヤツ」の展開予想とネタバレを見ていきましょう。
※以下、No.299のネタバレも含んでおりますのでご注意ください。

\ヒロアカを無料で試し読み!/
まんが王国公式サイトはこちら!
>>5巻分お得に買う!<<

【ネタバレ前にチェック!】僕のヒーローアカデミアを5巻分お得に読む裏技!

出典:まんが王国

ネタバレを読む前に、「僕のヒーローアカデミア」をお得に読めるまんが王国の裏技をお教えします!!

まんが王国は電子書籍サイトの中でも、国内最大級の漫画取り扱い数を誇るサイトです。
「まんが王国になければ電子書籍版はない!」とまで言われるほど、品揃えには自信があるようです。

出典:まんが王国

・僕のヒーローアカデミア 1~最新版 418pt

最新29巻まで揃える場合、累計で12,122pt必要になります。
しかし、まんが王国のポイント購入還元/使用還元によって、なんと10,000pt分購入するだけで全巻購入できてしまうんです!
(購入還元1,500pt+使用還元1,500pt)

普通に購入するよりも5巻分もお得になりますので、電子版を買うならまんが王国で決まりですね!

\ヒロアカを無料で試し読み!/
まんが王国公式サイトはこちら!
>>5巻分お得に買う!<<

「僕のヒーローアカデミア」No.298 おさらい

「秩序なき秩序」を追い求めて暗躍するリ・デストロを始めとした超常解放戦線。
ヒーロー公安委員会があと一歩のところまで追い詰めるも、ドロリと溶けて逃亡してしまいます。

オール・フォー・ワン”もタルタロスの襲撃後、各所の刑務所を襲撃し、各地の敵を解放していきます。
ただ、身体的には万全ではないためか、完全な復活のために暫し自分を守って欲しいとスピナーたちに告げるのです。

終戦から2日後、肉体的・精神的損傷はあるものの、轟と爆豪はひとまずの復活を遂げます。
新たな決意に燃える轟の一方、爆豪は静止する1-Aのクラスメイトを振り切って、未だ目を覚まさない緑谷の病室へと向かうのでした。

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ) ネタバレ 298話

「僕のヒーローアカデミア」No.299 展開予想

まずは、兎にも角にも緑谷が目を覚ますことが待たれますよね…!
病室で祈るように手を握るオールマイトでしたが、爆豪の呼びかけで目覚めたりするのでしょうか?

また、各所で解放された敵の動きも非常に気になります。
個人的には、No.297で登場した新キャラの女性囚に早くスポットを当てて欲しいですね…!

もはや戦意を失いつつあるヒーロー社会、完全復活を予見させるオール・フォー・ワン”に勝ち目などあるのでしょうか?

「僕のヒーローアカデミア」No.299ネタバレ

それでは、2021年2月15日号掲載の「僕のヒーローアカデミア」No.299「邦画の辛いヤツ」のネタバレ確定版をみていきましょう。

ホークスの「ヒーローになる前」

幼少期の鷹見啓悟、後のホークスはオールマイトやエンデヴァーがいるのはTVの向こう側であり、アニメと変わらない架空の存在だと思っていた。
ぼろ家に住み、常に怒鳴り散らかす父と何も映さないTVを見つめるだけになってしまった母。
ホークスの父は強盗目的で人を殺し、その逃走中にホークスの母が父を匿ったことで恋仲となり、ホークスが生まれる結果となったのだ。

しかし、生活は困窮を極め、そんな状況から父も母も目を背け続けていた。
ただただ、幼少期のホークスは「こんな大人にはなるまい」と耐える日々を送っていた。

とある日、父はついに捕まってしまう。
エンデヴァーによる父の逮捕を聞いたホークスは、「架空」だと思っていたヒーローは「現実」に存在したのだと気付かされる。
しかし、そんな衝撃も束の間、母との逃避行に付き合わされ、最終的は父と同様に母から「その”個性”で金を何とか工面しろ」と言われてしまう。

そんな状況下でもホークスは「正しく」あろうとした。
結果として、自身がヒーロー公安委員会に取り入ることで母が「鷹見」との関わりを抹消することになろうとも…。

「ヒーローのいない街」

ベストジーニストからの呼びかけで、車中のホークスは過去の回想から現実に引き戻される。

ベストジーニストは、セントラルの医療技術がなければまだホークスは生死の境を彷徨っていただろうし、自身が脳無から着想を得た仮死状態にする手術など受けることもなかった、と愚痴る。
それに対し、ホークスは謝罪をするも、下手な細工では荼毘はごまかせなかっただろうと語る。

突如、ベストジーニストが急ハンドルを切って車を停める。
何事かと尋ねるホークスに、ベストジーニストはヴィランによる騒ぎを感知したと伝える。

颯爽とヴィランを捕縛したベストジーニストは、街の人々に管轄のヒーローの所在を尋ねる。
町の住民曰く、これまでの戦いで恐れをなしたヒーローたちはこぞって事務所を畳んで逃亡してしまった、とのこと。
そんな惨状を理解したベストジーニストは、この町に彼のサイドキックを配置することを約束する。

トップヒーローの言葉に沸き立つ住民がいる一方で、徐々に、しかしながら確実にヒーローへの不信感を高める住民も増えつつはあることも確かなのだが。

「救う」ことこそが「ヒーロー」

その後、目的地に到着したベストジーニストとホークス。

ホークスの母親が住んでいるはずの住居に入るも、既にそこはもぬけの殻。
荼毘の魔の手はすでに及んでおり、ホークスの母親は置き手紙を残して逃亡していたのだった。

危惧していた通り、母親から情報が漏れてしまったホークスに慰めの言葉をかけようとするベストジーニストだったが、ホークスはそれを遮る。
ヒーロー公安委員会との取引で「鷹見」を抹消したのは自身と母との関係を断ち切るためであり、それは「救う」ことではなく「見限る」ことだったのだと。
そんな因果が自身に返ってきただけだ、とやや自嘲気味に話すホークス。

ただ、ヒーロー公安委員会は実質的な機能を失っており、最早ホークスに指示を出す存在はいなくなっている。
荼毘の語った「轟家」の話は本当かもしれない、それでも自分にとってエンデヴァーが「ヒーロー」としてありたいと考えた存在であることに変わりはない。

であれば、自身の原点であるエンデヴァーを救わない道など存在しない。
今、ホークスは再び飛び立つ決意を固めたのである。

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ) ネタバレ 300話

\ヒロアカを無料で試し読み!/
まんが王国公式サイトはこちら!
>>5巻分お得に買う!<<

Instagramでもネタバレが気軽にチェックできます!

マンガ列島では、Instagramでもジャンプ作品を中心に最新ネタバレに関する投稿やおすすめ漫画についての投稿などを行っています!

ジャンプ作品のネタバレは発売日の18時頃までには投稿されますので、ぜひフォローしてチェックしてくださいね!